タイトル

トップ / ギャラリー / プロフィール / メール


<2020年9月4日更新>


ごぶさたしております。
こちらは変わらずぼちぼちやっとります。
コロナコロナであっという間に世の中も生活も変わってしまって、
なんだか今年前半すっぽり抜け落ちたような感覚です。。。

とはいえ、よい事も悪い事も、
ずっと変わらないもんなんてないとも思うわけで、
どういう形で落ち着くのかはわかりませんが、
その時に向け今できることを粛々とヤルッキャナイと、
今日もせっせと絵本作っております。

そんなこんなで新刊でましたぜ




チャイルド本社の月間絵本
"チャイルドブックアップル10月号"にて
『かめれおんせん』でございます。

作者は林木林さん。
森の中にぽつんと湧く温泉が舞台。
『かめれおんせん』の名のごとく、
やってきた動物が中に入ると、
お湯の色がその動物の色に変化します。
そして湯気の向こうにはなにやらチラチラと浮かぶ巨大な影・・・
この摩訶不思議な温泉、どうやらこの先客の仕業のようで。




白いうさぎが飛び込むと、しろ〜くなったり




茶色いさるの親子が入ると、ちゃいろ〜くなったり




柄にもバッチリ対応でございます。笑




そしてついにはこんなカラフルな連中がやってきたりと。


作者の林さん・担当の編集者さんとは
今回初めてお仕事ご一緒させていただきました。
文章と絵が3人の間を行ったり来たりしつつ、
作品が成長していくのがとても面白かった。

いたるところに散りばめられた言葉遊びが楽しい絵本で、
カラスが「あったカァーい」だったり、
ヒョウが「うひょ?」だったり、
太陽が「温泉にはいりたいよう」だったり、
原稿のやりとりしている間にも
そういったアソビがいつのまにか増えてたりするわけです。笑
そんな制作時の空気がつまった愉快な一冊になったのではないかと思います。
もしどこかでお見かけする機会がありましたらぜひ。

チャイルドブックWEBサイト







これは昨年四国を旅行した時に撮ったなんとも縁起よさげなバス停。
また気兼ねなく旅行いけるようになるのを願っとります







パンでんしゃ、増殖する・・・

交通新聞社twitter




©KiyumotoNodsumi 2020